太陽光発電事業化

エヌエス環境は、風力発電事業化可能性調査(フィージビリティースタディー)を支援します

  • ・昨年3月に発生した東北地方太平洋沖地震と福島第一原子力発電所の事故を受け、我が国では地球温暖化対策・エネルギー政策の両面から、再生可能エネルギーの利用拡大が求められており、7月1日からは「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」(FIT法)が施行されました。
  • ・太陽光発電は、再生可能エネルギーのうちでは環境への影響や維持管理費が少ないことから、各地で導入が計画されています。当社は、太陽光発電を実現させるための事業化可能性調査(フィージビリティースタディー)を支援します。

エネルギー問題の解決と災害に強いまちづくりを目指し、事業化可能性を検討

電力系統への連系によりエネルギー生産に貢献するだけでなく、非常時には電力系統側と切り離し、地域内で電力を消費可能な「自立切替型」のシステムを提案します。

未利用地や公共施設の屋上等、地域の実情に合ったシステムを提案

気象条件や地域経済の状況、発電モジュールを設置可能な場所(利用可能な土地や建物の屋上)等、地域の実情を考慮し、実現性の高いシステムを提案します。また、事業性評価の際には、台風や雷といった自然災害リスク、製品瑕疵によるリスク等の洗い出しを行い、可能なものについてはリスクの定量化を実施します。 事業性については、FIT法の買取期間終了後を見据えた資金計画と事業スキームを構築する必要があります。当社では、事業主体にLLP(有限責任事業組合)やSPC(特別目的会社)等を想定した事業スキームを検討します。

事業スキームの一例

環境調査技術や合意形成手法のノウハウにより、フィージビリティースタディー後も事業化を支援

太陽光発電は、温室効果ガスを発生しないクリーンな電力ですが、メガソーラー等の建設の際には広大な面積を必要とするため、面整備事業として捉え、都道府県の技術指針等に加えて「面整備事業環境影響評価技術マニュアル」(平成11年、建設省)に準じた環境影響評価を実施することが適切です。

当社は、各種環境調査、環境影響評価等における豊富な実績を活かし、施工前の環境影響評価やステークホルダーとの合意形成等で、フィージビリティースタディー後も事業を支援いたします。

事業化可能性調査のフロー
信じてみませんか、風の力。 ずーっと使える、安心感 無用の長物、とみるか宝の山、とみるか。

トップページへ戻る

全国各地に事業所があります

エヌエス環境株式会社(本社)
東京都港区芝公園1-2-9
TEL:03-3432-5451(代表)
FAX:03-3432-2191

気軽にお問い合わせください

WEBからのお問い合わせはこちら