分析・測定

土壌

土壌

土壌分析室の様子 大阪分析センターの遠心分離状況

土壌汚染とは、人の活動によって有害物質が土壌中に残留、蓄積し汚染された土壌の状態をいいます。 土壌汚染対策法では、健康に影響を及ぼす可能性がある物質として、『①土壌溶出量基準25物質(地下 水などの摂取によるリスク)』、『②土壌含有量基準9物質(直接摂取によるリスク)』が設定されています。
当社は、分析から調査報告までの工程を全て自社で行っている為、低コストかつ迅速な対応が可能であり、 建設工事などで工期短縮を要求されるお客様にとてもご好評を頂いています。当社は、経験豊富な実績をもち、 全国各地に在籍する技術者や有資格者によって徹底した品質管理を行っています。また外部精度管理にも積極的に 参加し日々精度管理の向上にも努めています。

キーワード
・土壌汚染対策法
・土壌環境基準
・土壌ガス調査
・モニタリング調査
・簡易分析、
 オンサイト分析
・溶出量試験
・含有量試験
・廃棄物分析
・底質分析
・農用地土壌汚染
・油汚染
・地下水汚染
・自然由来の汚染土壌