調査・計画

土壌・地質

土壌

土壌汚染調査を行う現場の様子

土壌汚染調査は、対象となる土地に土壌汚染が存在する可能性について、既存資料や関係者からのヒアリングを 基に検討・評価する“土地利用履歴等調査(フェーズⅠ調査)”と、実際に土壌を採取・分析し、土壌汚染の有無を 評価する“土壌汚染状況調査(フェーズⅡ調査)”があります。
当社は、これらについて多数の実績を有しており、調査の提案とその実施をお客様のニーズに合わせて行うことが可能です。
また、当社は自社ラボを有しており、土壌汚染対策法などに規定されている有害物質に関する調査の他に、油汚染や放射能汚染 といった様々な土壌汚染の問題に対応いたします。

トンネル掘削工事等の際に発生する建設発生土や工事排水に、砒素等の有害物質が含まれる場合、 それらは汚染物とみなされます。そのため、その処分方法等が通常の対応では困難となります。
当社では、これらの問題に対し、迅速分析法等によるスピーディーな対応と経験に基づいたサービスを提供しております。

土壌汚染対策法に基づく指定調査機関

キーワード
・土壌汚染対策法
・揮発性有機化合物
・重金属等
・農薬等
・土地利用履歴等調査
・土壌汚染状況調査
・土壌ガス調査
・表層土壌調査
・概況調査
・詳細調査
・自然由来土壌汚染
・油汚染
・GC-PID/ELCD
・GC-FID
・全石油系有機炭素
(TPH)
・迅速分析
・建設発生土