調査・計画

道路環境管理対策

道路環境管理対策

本社 情報技術部

道路の沿道では、大気汚染・騒音・振動・動植物・生態系などの環境影響の低減を図っていくことが必要とされています。 幹線道路の新設・改良時には、環境影響評価の手続きにもとづいて沿道環境を事前に調査・予測・評価します。 環境影響評価の後も設計の進捗に伴いフォローアップ調査・予測・評価を行っていきます。 予測の不確実性が大きい場合には事後調査が行われます。現在使用中の道路では、 大気環境や自動車騒音の常時監視などにより、沿道環境の現状を把握し、対策を講じることにより沿道環境を管理し改善します。
当社は、道路沿道の環境改善のために、沿道環境の実態把握、将来環境予測、対策シミュレーション、 環境改善策を提案する業務を行っています。さらに、最新の技術を提供するために、環境調査の技術開発、 環境シミュレーションプログラムの開発を行っています。

キーワード
・道路環境影響評価
・道路交通騒音
 面的評価
・環境常時監視
・大気汚染
・騒音・振動
・測定
・予測
・シミュレーション