調査・計画

環境影響評価

環境影響評価

環境影響評価とは、環境に大きな影響を及ぼすおそれがある事業について、事業の実施に当たり、 あらかじめ事業の環境への影響を調査、予測、評価し、その結果に基づいて適正な環境配慮を行うことをいいます。
東日本大震災を契機として、風力発電等の再生可能エネルギーは、急激かつ大幅な導入拡大が見込まれる中で、 風力発電の導入に伴い、環境への影響の問題が生じていることから、平成24 年10 月より環境影響評価法の 対象事業に風力発電所の設置等の事業が位置づけられました。また、放射性物質による環境の汚染を防止するため、 環境影響評価手続の対象に放射性物質による環境への影響を含めることになりました。
当社では、これら風力発電事業や放射性物質をはじめ、長年にわたって培った経験を生かし、一貫して 計画段階の配慮書から方法書の手続き、調査・予測・評価・環境保全対策の検討を行います。

キーワード
・配慮書
・スクリーニング
・方法書
・スコーピング
・環境アセスメント
・大気環境
・水環境
・土壌環境
・自然環境
・環境影響評価準備書
・環境影響評価書
・環境保全措置
・事後調査
・報告書