調査・計画

自然環境調査

自然環境調査

札幌支店 魚類調査風景

自然環境調査は、道路建設や河川改修など様々な開発事業による自然環境への影響を把握するための資料を 得る目的で行っています(環境影響評価では“調査”にあたります)。
調査は、そこに生息・生育する動植物の相(そこに何がいるのか?)を調べ、環境省レッドデータブックや 法令などで指定されている重要な種(保全すべき種)については、その生息・生育状況と環境を詳しく調べます。 これらの調査結果は、環境影響の予測・評価や事業計画、保全対策の検討材料となります。
一見、野遊びの延長のようで楽しそうな仕事と思われるかもしれませんが、道なき山の中を歩き回ったり、 街中のドブ川に入ったりと体力と経験が必要な仕事です。ですが、その先で希少な生物を発見し、それを保全する 道筋をつけることができたとき、それまでの努力が報われ、自然環境調査の重要性を感じることができます。
当社では、動植物の同定(種の判断)や生態に関する知見を持った経験豊富な調査員が多数在籍しており、 日々環境影響評価の根底となる調査を行っています。

キーワード
・植物
・哺乳類
・鳥類
・猛禽類
・両生類
・爬虫類
・魚類
・底生動物
・昆虫類
・生態系