調査・計画

土壌汚染対策法に基づく指定調査機関

土壌汚染対策法に基づく指定調査機関

東京都豊洲の新市場予定地では土壌の環境基準値を超過する有害物質が検出されるなど、 近年、事業所跡地等の再開発時の土壌調査で、重金属や揮発性有機化合物などの汚染事例が 報告されています。土壌汚染対策法では、土壌汚染による健康被害の恐れがある土地や有害 物質を取り扱った事業場等の土地の改変時、事業場の廃止および用途変更時に、環境大臣指定の 指定調査機関による土壌汚染状況の調査および結果の報告を所有者等に義務付けています。

土壌汚染対策法に基づく指定調査機関の開示情報<PDF>