現在、国内で流通している化学物質は数万種に及びますが、 排水基準に設定されている物質はその中の一部にすぎません。
さらに化学物質の複合影響により、生態系への悪影響が懸念 されています。
そこで、排水管理を補完する新たな方法としてWET試験 を用いることが、環境省で検討されています。
WET試験(Whole Effluent Toxicity:全排水毒性試験) とは、藻類・甲殻類・魚類の3種の生物を直接排水にばく露 することにより、総合的かつ複合的な影響を評価する管理手法 です。

詳しいパンフレットはこちら
レポートイメージ

事業者のメリット

 排水中の化学物質の複合影響を評価することができます。

 生物影響が認められた場合は、毒性削減評価(TRE)/毒性同定評価(TIE)に基づき改善策をご提案します。

 生物多様性保全の取り組みが高まるなか、CSR活動の一環として活用できます。

試験手順

排水採取、輸送
(36時間以内、冷蔵)

ムレミカヅキモ

毒性低減対策提案
【毒性削減評価(TRE)/毒性同定評価(TIE)】

試験結果により毒性があると評価された場合は、毒性削減評価(TRE)/毒性同定評価(TIE)に基づき、以下のとおり改善措置を実施します。

毒性削減評価(TRE)/毒性同定評価(TIE)の概要及び手順
毒性削減評価(TRE):様々な情報を収集し、既存の知見から影響の原因となる要因を推測し削除する。
第1段階 試験結果に基づき、水質と施設に関するデータを収集
第2段階 使用化学物質と現行の排水処理について評価し、排水影響の削減効果を検討
第3段階 毒性同定評価(TIE):原因となる化学物質群の特徴を明らかにする。
第4段階 各工程排水別の生物応答手法により、影響の発生源を調査
第5段階 影響削減方法を検討
第6段階 削減の確認を生物応答手法により実施
毒性削減評価(TRE)
※ご用命の際は、最寄の事務所へご連絡下さい!
本社 〒105-0011 東京都港区芝公園一丁目2番9号 TEL:03-5405-1241 FAX:03-5405-3683
東北支社 〒983-0013 宮城県仙台市宮城野区中野2-3-2 TEL:022-254-4561 FAX:022-254-4564

トップページへ戻る

全国各地に事業所があります

エヌエス環境株式会社(本社)
東京都港区芝公園1-2-9
TEL:03-3432-5451(代表)
FAX:03-3432-2191

気軽にお問い合わせください

WEBからのお問い合わせはこちら